シェアリングエコノミー認証マーク

シェアリングエコノミー認証マーク「シェアリングエコノミー認証マーク」は、そのサービスが内閣官房IT総合戦略室が策定したシェアリングエコノミー・モデルガイドラインを基に、シェアリングエコノミー協会が自主ルールとして実施・運用する、シェアリングエコノミーに関する世界初の共同規制モデルとなります。

認証マークを付与されたサービスは、ITを活用したシェアリングエコノミーの特性を踏まえ、シェア事業者 (プラットフォーム事業者) が自ら遵守すべき事項および、その具体的な基準を明らかにすることを目的としています。認証された事業者は、一定程度の安全・安心の仕組みが担保されたサービスとして差別化が図られるだけでなく、リスク低減のための仕組みが整っているサービスとして下記4つのメリットがあります。

(1)  一定程度の安全・安心の仕組みが担保されたサービスとして差別化が図られる
(2)  シェアリングエコノミー認証取得事業者向け保険を割引価格で受けられる
(3)  地方自治体に対してシェアリングエコノミー協会から提携・連携候補事業者として優先的に推薦される
(4)  国際標準化を視野に、日本発のシェアリングビジネスの海外展開に寄与する

なお、シェアリングエコノミー協会は、シェアリングエコノミー業界における各シェアサービスの普及、そして業界の健全な発展を目的とし、シェアリングサービス市場の活性化に取り組んでいます。

※訪問介護・家事・生活支援マッチングプラットフォームの「CrowdCare (株式会社クラウドケア) 」は、「シェアリングエコノミー認証マーク」を2017年11月9日に取得しています