緊急事態宣言に備えた対応方針について

平素はクラウドケアをご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度の緊急事態宣言に備えた方針について、お知らせいたします。
クラウドケアでは以下の方針で対応を行います。

※なお、こちらは現時点での方針を定めたものであり、
状況の変化によっては内容を変更する場合がございますので、予めご了承ください。

サービス提供方針について

現時点で東京都の緊急事態宣言を受けての方針※では、
医療・福祉関係は「感染防止対策をして継続できる施設やサービス」に分類されています。
(※国と調整中のため、変更の可能性があるとのこと)

クラウドケアが提供する病院等の付き添い・在宅での介護・生活支援などのサービスは、
高齢者・障がい者・お身体が不自由な方や、ご家族様の生活を支える大切なサービスとなっております。
そのため、緊急事態宣言中もサービスを続けていく方針でございます。

但し、旅行の付き添い等の余暇のご依頼については、
お断りするケースもございますので、予めご了承ください。

改めて依頼者・代理人様へのお願い

手洗い・うがいの徹底などの感染予防対策や今回の対策へのご協力をお願いいたします。

サービスのご利用に関して下記の場合については、
キャンセル料を免除いたしますのでクラウドケア運営事務局へご連絡ください。

1.本人もしくは同居の方が、新型コロナウイルスに感染した場合
2.本人もしくは同居の方が、直近14日以内に新型コロナウイルスの診断を受けた人と濃厚接触した場合
3.風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている場合(解熱剤を飲み続けなければならない人含む)
4.今回の新型コロナウイルス感染対策中、サービス当日に37.5度以上の発熱がある場合

※但し、当日訪問後に上記事実が発生した場合は、キャンセル料の免除は適用されません

 

今回の感染拡大防止対策については、政府の発表や情勢を確認しながら随時更新・変更を行って参ります。

サービスのご利用について不安等があるようであれば、
柔軟に対応させて頂きますのでクラウドケア運営事務局までご相談ください。

ご理解・ご協力の程、宜しくお願いいたします。